土地探し

都市計画図を確認

建ぺい率や容積率の確認

北側斜線制限・道路斜線制限・隣地境界線の確認

依頼先

家造りをするさいに重要になることが、どこに依頼するかという点になります。依頼先にはいくつかありますが、それぞれ特徴が異なるのでそれを知っておくことが大事です。そして技術力以外にも、アフターメンテナンスや保証などもしっかりと確認しておくことが大切です。

ハウスメーカーに依頼する

自宅を購入するということは、人生で最も大きな買い物をするということでもあります。そのためこだわりのある、自分の納得の家が欲しいと思う人は多いです。そんな家を建てるためには、色々な会社を選ぶことがで…

read more

工務店に依頼する

住宅を建築する場合、ハウスメーカーや設計事務所などの選択肢もある中で工務店に依頼をする人は、それなりのメリットを感じているからです。では工務店に依頼する場合の特徴は何かといえば、その一つは要望をよ…

read more

ローコスト住宅はとても費用がかからない住宅です

ローコスト住宅は建物の建築費をとても低く抑えた住宅で、費用が安いわりには住みやすい環境にあると言えます。

設計事務所に依頼する

設計事務所に依頼するときに考えておきたいこと

住宅を建築してくれるところはハウスメーカーや工務店もありますが、あえて設計事務所を選ぶのはそれなりの理由があります。一番の理由はなんといっても、住宅を建築したいと考えている人がしっかりとした細かなプランを持っていることです。しかも、ありきたりのプランではなくデザイナーズ住宅のような少し特殊な住宅をイメージしている場合です。設計事務所の場合には、ほかの住宅とは少し変わった魅力的なデザインに仕上げてくれる可能性が高くなります。魅力的なデザインにするためには、建築を希望している人があいまいなイメージを持っていては不十分です。ある程度の方向性を持っていることで、より良い住宅を建築してくれるでしょう。そして、建築を依頼する側も満足度が高いものになります。

設計事務所をしっかりと選ぶべき

設計事務所を選ぶ場合には、どこでもよいわけではありません。なぜなら、そこに所属している設計師にはそれぞれ専門的な分野があるからです。当然資格を持っている人たちですので、基本的にはどのような住宅でも建築することができますが、より専門的な分野を持っているのが特徴になります。医者と同じように考えればわかりやすいです。医者は、医学の基礎はすべて学んでいますが、その中でも内科や皮膚科、産婦人科といった専門的な分野を持っているわけです。もし、設計事務所に依頼する場合には輸入住宅がよいのかそれとも和風住宅がよいのかさらには洋風の住宅がよいのかを明確にしておかなければなりません。その後、話し合いの中でより方向性を明確にしていけば理想の住宅は建築できるでしょう。